レンズの修理専門です!貴方の大切なカメラレンズの事なら、レンズの修理・メンテナンス・お手入れ方法等どんな事でもお気軽にお問合せ下さい! 日本レンズ協会 光学研究所 <CLH>

FrontPage

レンズ修理に関するご相談はお気軽にどうぞ!

レンズ協会店舗

日本レンズ協会では現在の修理状況を常にご確認頂き、安心して修理完成までお待ち頂けるシステムを構築しています! レンズに関するお悩みは日本レンズ協会にお任せ下さい!

公式サイトバナー

貴方の大切なレンズいつまでも大切に・・・

画像の説明

日本レンズ協会・修理実績台帳(各部位写真付きで所有者さんに報告しています)

今までの累積修理実績個体数20,000体以上の中であなたのレンズと同機種の修理記録があるかもしれません

修理記録台帳・写真付 修理記録を閲覧したい方は左をクリックしてください

画像の説明

お問い合せ方法(メールでのお問い合わせを推奨致します)

依頼品(レンズ)のご送付先について

発送時ご留意して頂きたい事柄

レンズ保管時の向き

Facebook 個人アカウントもご参照下さい 毎日コンテンツを更新しています

Facebook 友達申請お気軽にどうぞ!より具体的なアドバイスさせて頂きます♪

□個人アカウントhttps://www.facebook.com/kensuke.tasai
□企業アカウントhttps://www.facebook.com/cleanlenshouse/

合計:173770 今日:133 昨日:204

無料個別相談会開催中>>>お申込みはこちらから自宅にいながら学習できます

生徒さんがご自宅にいながら光学機器の修理知識・技術を習得できるオンラインスクールです。
ご興味のある方は無料個別相談会にご参加ください
個別無料相談会

>>>無料個別相談会に申込む

amazon検索サーチウイジェット(レンズも捜せます)

日本レンズ協会主催レンズ修理専門学校

□日本レンズ協会主催レンズ修理専門学校は単なる修理技術習得学校ではありません
□修理技術を習得しながら、その結果を電子書籍として出版する事ができます
□大切なレンズを良好な状態で自分で整備維持しながらその整備工程は
□電子書籍として永遠にクラウド上に世の中に残ります
□勿論、その書籍の印税は永遠に貴方の所得として入金されます
□こんな夢のある専門学校です
画像の説明

修理専門学校の生徒さん特典例 公認整備士資格証の発行

画像の説明

一般社団法人 日本レンズ協会の元で整備のイロハを学習して頂きますので、生徒さんお一人おひとりに
光学機器公認整備士資格証を発行致します
この資格証はご自身のビジネスのどんな場面でも掲載を許可しておりますので
生徒さんの地元(街)での開業の際、集客等ビジネスが安定的に軌道に乗ります
その他開業に有利な特典に関しましてはこちらをご参照下さい>>>開業に関する各種特典

実際の整備作業工程を紹介します

画像の説明

当協会ではクロネコさんの宅急便コレクトを導入しています

ご自宅の玄関で修理後のレンズの受け取りとご決済が簡単にできます
下記画像クリックしてください(詳細ページが開きます)
画像の説明

瞑想とは何か? 瞑想の仕組みとその具体的な実践方法とその効果についてできるだけ分かり易く解説しています

画像の説明

睡眠の科学 睡眠を単に眠る行為だと思っていませんか?自分にとって最適な睡眠環境を知り充実した毎日を送る

このワードプレステーマは大変便利です!

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

この様なサイトが簡単に作れます♪http://menotukare.wpcloud.net/

室内外の温度変化が激しい冬期期間レンズの保管環境は大丈夫ですか?

特別感謝特典!実施中

※好評の為サービス券増刷しました

特別割引券2,000円進呈させて頂いております

※修理ご依頼時その旨申請して下さい(お客様申請)

※割引券在庫終了をもってこの特典も同時終了致します

教科書

ご自身でメンテナンスしたい方必見です

画像の説明

修理教室に通う生徒さんの予習・復習用テキストとしても使って頂いております

お客様から頂く、よくある質問をまとめてみました

各質問項目をクリックすると、その解答(お答え)ページに移ります
Q:カビは必ず取れますか?

Q:絞り羽が解放のまま動きません?

Q:レンズを持ち込むことは可能ですか?

Q:大判・中判もやっていますか?

Q:複数本同時だと1本よりも安くなるのですか?

Q:修理にはどれくらいの日数がかかりますか?

Q:メーカーさんに断られた機種でも大丈夫ですか?

Q:大体の修理費用っていくらぐらいなんですか?

Q:検査だけでもやってもらえますか?

Q:もしも、課題が解決しなかった場合も費用は掛かりますか?

Q:防湿庫で保管していたのに何故カビが生えたのですか?

Q:自分で分解していたら組立られなくなりました?

一生役に立つ技術を身に付けてみませんか?

レンズの整備は
□その個体を大切にしたいという気持ちと
□整備に適した環境と
□適切な指導者が傍にいれば
どなたにも習得可能です
そして、今後も決して需要がなくならない職業です
下記画像クリックしてください(詳細ページが開きます)
メリット

HP開設以降今までの約23,000個体の修理記録台帳がご覧頂けます

■最新のブログ(日々の修理記録台帳)
画像の説明

このHPは簡単ホームページ作成「QHMプロ」で作っています! 簡単でとっても使いやすいです♪
55歳の私自身も色々試しましたが「QHMプロ」が一番扱い易く立ち上げも更新も視覚的操作で簡単です♪

一般社団法人 日本レンズ協会 光学研究所 Clean Lens House ホームページ開設2008年以来お陰様で皆様の大切な光学機器のお預かり個体数凡そ18,000本を超えました。ありがとうございます。レンズの事でしたらどんな内容の事柄でもお気軽にお問合せ下さい!遅くとも翌日までにはご返信させて頂きます。レンズは撮影の為の大切な道具です。その個体の状態を維持する為には適切なメンテナンスが定期的に必要です。日頃の保管状態によりレンズの状態が左右されます。長期に渡りどこかに仕舞いっぱなしの状態が一番良くありません。実際に撮影はしなくても時々手に取っていじってあげて下さい。レンズ鏡胴内部に空気の流れが発生します。レンズの修理を通して日本の古き良き文化の継承のお手伝いができれば当協会も本望でございます。

相談内容
画像の説明

各個体ごとに修理工程を写真・動画にて修理記事台帳として保存しています

画像の説明1 画像の説明2 画像の説明3 画像の説明4 画像の説明5 画像の説明6 画像の説明7 画像の説明8 画像の説明9 画像の説明10 画像の説明11 画像の説明12 画像の説明13 画像の説明14 画像の説明15 画像の説明1 画像の説明2 画像の説明3 画像の説明4 画像の説明5 画像の説明6 画像の説明7 画像の説明8 画像の説明9 画像の説明10 画像の説明11 画像の説明12 画像の説明13 画像の説明14 画像の説明15 画像の説明16 画像の説明17 画像の説明18 画像の説明19 画像の説明20 画像の説明21




日本で唯一のレンズ修理専門一般社団法人

画像の説明

書籍のシリーズ版 【VOL 20】Special 6×8 C.Weichsel 篇 2015年3月23日出版

s_cover (5)

ご自身にてメンテしたいというご要望にもお応えしています
・対象レンズ:Special 6×8 C.Weichsel
・メンテナンス難易度 : ★☆☆☆☆(簡単)
本書は「Special 6×8 C.Weichsel」のレンズメンテナンスをプロレベルで行うための教科書です。乾板レンズの修理、カメラレンズのカビ、オーバーホール、分解、清掃等にお悩みの方はぜひお読みください!本書に使用するレンズは、全て当協会に実際にメンテナンス依頼があった実際の個体を使わせて頂き解説を加えております。従いまして、その内容は写真を見ながらじっくり再現すれば、あなたが所有する同じ機種にも当てはまる様に構成されております。自分のレンズと同機種なのかをまずはよく確認して頂き、焦らずにじっくり取り組んで下さい。古き良きレンズをメンテできる職人さんも私同様、だんだん高齢化になっています。各メーカーさんも昔のレンズ程受け入れていないのが実情です。また、この種の修理を教える機関そのものが、日本には殆ど存在しないのも事実です。このままですと、いずれ世界中にある昔のレンズを修理できる人がいなくなってしまいます。一般社団法人 日本レンズ協会は、この様な現状と今後の予測をもとに、レンズ修理事業と並行し、教育分野に取り組んでいます。その一環として、本書『カメラレンズ修理の教科書』をシリーズ化してまいります。本書では、プロが実際に作業している風景を、写真と動画にて解説を加えている構成をとっています。従いまして、じっくりこの教科書に向き合って頂ければ、プロが行うのと同じ様な結果が得られる構成になっております。ぜひ本書をお読みになり、プロフェッショナルのレンズメンテナンスをマスターしてください。
■プレスリリース(バリュープレス)
http://www.value-press.com/pressrelease/135630
■田斉健輔 作品一覧、著者略歴
https://www.amazon.co.jp/%E7%94%B0%E6%96%89%E5%81%A5%E8%BC%94/e/B00QT5IDAY

月刊誌「日本カメラ」さんに当協会が紹介されました

日本レンズ協会がレンズ修理とフィルムカメラ操作に関する電子書籍を刊行
■エストリビューターオンライン
http://estributor.jp/japan-lens-association/

画像の説明


レンズ修理メンテナンスなどの事業を行う一般社団法人日本レンズ協会が、レンズメンテナンスとフィルムカメラの基本的な操作に関する電子書籍を刊行した。どちらもシリーズ版で、レンズの本は1,000シリーズ、フィルムカメラの本は100シリーズを刊行予定。第一弾となる『カメラレンズの修理教科書』ではコニカ50mmF1.7『フィルムカメラ操作術』ではキャノンFTQLをそれぞれ取り上げている。価格はいずれも1,250円(Amazon Kindle) 日本レンズ協会のミッションは、現存するレンズのでき得る限りの復元業務を主たる目的としているが、並行して関連教育事業にも力を入れている。世界中のレンズをでき得る限り良い状態に復元して、その状態を後世に継承していく事は非常に価値が高いと言える。単に、レンズの修理を施すだけの業務と違い、その個体の所有者が自宅でレンズをメンテナンスできてこそ、古き良きレンズがなるべく良好な状態で子供の代を乗り越えて、孫の代まで引き継いでいくという壮大な夢が実現すると言えるだろう。すべての写真愛好家が撮影と並行して自分のレンズのメンテナンスを実行するかどうかは分からないが、当協会の目指すミッションは注目に値すると評価したい。5年後を目途に東伊豆にレンズの修理専門学校の設立も計画している。構想としては宿泊施設を完備した完全個人指導形式の授業カリキュラムを準備中だという。

『Accessible to beginners! Textbook for Camera Lens Repair(カメラレンズ修理の教科書)シリーズ』

画像の説明

【海外展開の背景】
一社)日本レンズ協会(千葉県松戸市牧の原、代表:田斉健輔、略称:JLA)は海外展開として2015年6月より、電子書籍『カメラレンズ修理の教科書シリーズ』、『フィルムカメラ操作術シリーズ』英語版の刊行を開始しましたのでお知らせします。
レンズ修理を主たる業務としているJLAでは過去に蓄積した膨大なノウハウを活かし、「フィルムカメラに関するレンズメンテナンス」並びに「操作方法」の電子書籍を、2014年12月より刊行して参りました。その過程で、カメラレンズ修理の要望を海外からも多数頂戴し、2シリーズの電子書籍を海外展開する運びとなりました。
【電子書籍販売ページについて】
海外展開の各シリーズ第一弾として、『Accessible to beginners! Textbook for Camera Lens Repair(カメラレンズ修理の教科書)シリーズ』より、フィルムカメラレンズのメンテナンスをご自分で行いたい海外在住者を対象に『Konica 50mm F1.7』を取り扱いました。電子書籍販売ページURLは、以下になります。
【特記事項:フィルムカメラご関係者様へ】
JLAでは、カメラ関係のメディア様、販売店様、メーカー様、写真家様と柔軟にコラボレーション・協業をさせて頂きたいと考えております。お問い合わせ、または取材・執筆・仕事のご依頼等、お気軽にご連絡を頂ければ幸いです。
■米国販売ページURL
http://www.amazon.com/gp/product/B00ZH3PQ8G

■日本販売ページURL
https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=node%3D2275256051&field-keywords=%E7%94%B0%E6%96%89%E5%81%A5%E8%BC%94

一眼レフ初心者の方への当協会推奨教材

画像の説明

修理中の作業台風景

作業場風景
こちらからお問い合わせください

ご自身でサイトを運営している方必見・・・このサービスはお得です!

画像の説明

レンズ修理のメイン作業は一環一部始終当協会代表理事兼光学研究所所長が責任をもって行います。安心して貴方の大切なレンズをお預け下さい

画像の説明

修理をお受けする前の、貴方のレンズに関するお悩みをじっくりお聞かせ下さい!

画像の説明

綺麗になったレンズが、ご自宅に戻ってくるまでの間、修理中のお客様専用ページで修理進捗状況が確認出来ます。写真・動画で安心してご確認、納品までお待ち下さい!

こちらからお問い合わせください

レンズのカビ、埃、水没等、貴方の大事なレンズのホームドクターとしてお付き合い下さい

画像の説明

日常のレンズのメンテナンスは大丈夫ですか?プロ使用の道具お分け致します

画像の説明
こちらからお問い合わせください

画像の説明

Taxi Driver-logo

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional