レンズの修理専門です!貴方の大切なカメラレンズの事なら、レンズの修理・メンテナンス・お手入れ方法等どんな事でもお気軽にお問合せ下さい! 日本レンズ協会 光学研究所 <CLH>

カビは必ず取れますか?解答

合計:3993 今日:1 昨日:1
画像の説明

光学系付着物除去に関しましてお答え致します

■基本的には、どんな機種のレンズも
 ガラス玉表面の問題解決は可能です。

■只、そのレンズ固有の構造上の特性が
 ありますので、実際に見て見ないと
 確実な事は言えません。

 ・課題が群レンズ内側にある
 ・そのガラス表面に特殊コーテイング加工が
  施されている。
 ・電子基板と該当レンズの位置関係
 ・レンズ押さえ化粧リングの固着・・・等

■この様な障壁で修理が進まないケースも
 時としてはございます。

■その場合は、
〇修理費=無料
〇検査・報告費=レンズ×1本一律2,000円
を皆様から頂いております。この点御了承ください。

■また、時々起こる事なのですが、レンズの
  光学的なクリアー度が復元すると
  それまで気づかなかった、各ガラス玉の
  本来の姿が顕(あらわ)になります。

〇ガラス玉表面にキズがついていたり
〇群レンズのバルサム(天然樹脂素材の流動性接着剤)が
  劣化していたり
〇除去したカビが腐食カビで、除去後の
  腐食痕跡が残ったり

■色々なケースが発生します。
  その点も御了承頂けますと幸いです。   

■この様に、レンズ全体としては
  光学的にはクリアー度は改善されても
  諸々、その分新たなレンズそのものの
  現状の真実が判明することが多々ございます。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional