レンズの修理専門です!貴方の大切なカメラレンズの事なら、レンズの修理・メンテナンス・お手入れ方法等どんな事でもお気軽にお問合せ下さい! 日本レンズ協会 光学研究所 <CLH>

中屋敷様

中屋敷様

Minolta×2本 MD-NEXマウントアダプター お預かりしております 

DSC_0001[1]

Minolta MC TELE PF 135mm F2.8

NO 1667271

付属品:リヤキャップ フロントキャップ レンズフイルター

課題:カビの除去

結果:後ろ玉群レンズユニット2枚1群構成なのですが、その表面に付着している点カビ・菌糸状カビが腐食カビです。カビそのものは除去しましたが、除去後の腐食カビ痕が残ります。ご了承ください。又、前玉から絞り羽までの中玉の一枚の表面に付着している無数の雲状カビが腐食カビです。残念ですが、除去後の腐食カビ痕がレンズ表面に残ります。前玉表面に無数の擦り傷があります。レンズ全体としての光学的なクリアー度が復元した分、この傷がはっきり目視できるようになってしまいました。この点もご了承下さい。
DSC_0002[1]

リヤ側の後ろ玉群レンズユニット

このレンズ表面には除去後の腐食カビ痕が残ります
DSC_0005[1]

前玉から絞り羽まではこの様な構成になっています。

DSC_0006[1]

Minolta MC PC 58mm F1.2

NO 2599440

付属品:リヤキャップ フロントキャップ レンズフイルター 

課題:カビの除去

結果:特に前玉群レンズに付着していた大きな菌糸状カビ除去致しました。併せて、すべてのレンズクリーニングしましたが、後ろ玉群レンズ内側外周の薄っすらとした白い曇りのみがアクセス不可能なため、除去できませんでした。ご了承下さい。レンズ全体としては光学的にスカットした抜ける様なレンズの一歩手前と言った感じです。外観・絞り羽機構・距離リングともに問題ありません。非常に状態の良いレンズです。今後も御使用・保管に関しましては今まで同様十分にご留意ください。お願い致します。
DSC_0003[1]

フロント側はこの様になっています

立派な前玉裏側に大きな菌糸状カビが付着していました。
DSC_0007[1]

MD-NEXマウントアダプター

NO ナシ

付属品:リヤキャップ フロントキャップ  

課題:メンテナンス

結果:当協会所有のSony Nex 5 に装着してみましたが、特に際立った問題点は発見できませんでした。今回ご依頼のレンズ×2本との接点も問題なく商品としてのマウントアダプターとしては基準値(合格値)としてはOKと判断いたします。ただ、構成されているレンズが4枚1組群レンズなのですが、随所に点カビ・雲状カビが付着しています。勿論これらを除去しましたが除去後の腐食カビ痕跡がガラス玉表面に残ります。あまり悩まずに仕様することをお勧め致します。
DSC_0004[1]

Sony Nex 5に確認装着してみました

DSC_0009[1]

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional