レンズの修理専門です!貴方の大切なカメラレンズの事なら、レンズの修理・メンテナンス・お手入れ方法等どんな事でもお気軽にお問合せ下さい! 日本レンズ協会 光学研究所 <CLH>

坂口様

坂口様

この度お預かり致しました Leica レンズ×3本

画像の説明

Leitz Elmarit 90mm F2.8

NO 1658110

付属品:リヤキャップ フロントキャップ レンズフイルター

課題:クリーニング・曇りあり

画像の説明
結果:全てのレンズ表面に付着していた埃・カビ除去しました。「曇りあり」とのご指摘でしたが、雲りの正体は菌糸状カビと点カビと推測します。レンズ全体としての光学的なクリアー度はかなり復元、曇りの現象も目視範囲では解決したと思いますが、前・中・後ろ玉表面に付着していた点カビが半分くらい腐食カビで、除去後の腐食カビ痕跡が各レンズ表面に残ります。細かい埃の様に目に映りますので、この点ご了承ください。

先ず、レンズ鏡胴とレンズユニットに分けます

画像の説明

レンズ全体の汚れ現状

画像の説明

フロント側から調査

画像の説明

一番付着物の多いレンズ

画像の説明

他のレンズの状況

画像の説明

Leitz Summarit 50mm F1.5

NO 890188

付属品:リヤキャップ フロントキャップ レンズフイルター

課題:クリーニング・曇り、傷、コバ落ちあり

画像の説明
結果:全てのレンズ表面のクリーニング終了です。このレンズには菌糸状カビは付着していませんでした。曇りの原因は前玉ユニットに組み込まれている2枚1群の群レンズ内側で発生しています。同機種をいくつもメンテしてきましたが、同じような白い霞んだ現象は共通しています。このレンズ機種の独特な特とご理解下さい。最小ユニット単位の内側ですのでその表面にアクセスできません。また、他の中玉表面の点カビの内幾つかが除去後の腐食カビ痕跡として残ります。前玉表面に付いた傷もレンズ全体をやや白っぽく靄がかかった様に見える一因になっています。ご了承ください。ご指摘のコバ落ちは各ガラス玉外周検査しましたが、発見できませんでした。コバ添付が必要な厚みのある一枚レンズは組み込まれておりません。レンズ全体としてのクリアー度は幾分かは復元したとは感じますがクリアーになった分、上記点カビ痕と霞み現象が気になります。

前玉群レンズユニットをレンズ鏡胴から外します

画像の説明

前玉群レンズユニット全体の現状

画像の説明

中玉~後ろ玉にかけての現状

画像の説明

原因が特定できたので、更に進みます

画像の説明

Leitz Summar 50mm F2

NO 284681

付属品:リヤキャップ フロントキャップ

課題:クリーニング・曇り、傷あり

画像の説明
結果:全てのレンズ表面に付着していた埃・カビ除去しました。前玉表面に付いてしまった無数の擦れ傷と幾つかの大きめの深い傷中玉表面のやはり傷の影響がレンズ全体に及ぼす影響が大き過ぎるというのが、メンテナンスを終えた後の率直な感想です。それ以外のレンズはほぼ完全に綺麗になったのですが、その分の課題解決が前玉と中玉表面の傷をカバーする程の威力がありません。もともと構成されているレンズ一つひとつが径が小さいので、回復度の総合評価としては70点位かと自己評価しております。レンズそのものを交換しないで処置でき得る作業はすべて施しましたので、どうかご了承ください。

フロント側から検査

画像の説明

この無数の傷は処置できません。ご了承ください。

画像の説明

Carl Zeiss Planar 80mm F2.8

NO 4201224

付属品:フロントキャップ リヤキャップ

課題:クリーニング

結果:すべてのガラス玉に付着していたカビ・埃・曇り除去致しました。光学的にはクリアー度はかなり復元できたと感じます。只、ガラス玉によって、付着していたカビが腐食カビとして生息していたので、カビの除去後の痕跡が残ります。主に、中玉の点カビと後ろ玉の雲状カビが目立ちます。雲状カビは光学系の光源で検査すると、薄い白っぽい曇りのように見え、点カビは小さな埃のように映ります。また、一か所菌糸状カビも跡が残ります。ご了承下さい。 

画像の説明

フロント側から絞り羽根までアクセスします

画像の説明

前玉のカビです

画像の説明

中玉です

画像の説明

絞り羽根向こう側後ろ玉群レンズの様子

画像の説明

Leitz nikkeru Elmar L50mm F3.5

Leitz Elmar L50mm F3.5

NO 164203

NO 204662

付属品:リヤキャップ フロントキャップ

課題:クリーンニング 可能であれば前玉の入れ替え

結果: 2本のレンズのクリーニング終了しました。下記写真にありますが、後ろ玉群レンズユニットがFIX構造の為分解できません。その内側の曇り・埃・カビ等が除去できません。ご了承ください。その部分以外のすべてのガラス玉のクリーニングはOKです。一部カビが腐食カビ除去後の痕跡が残ります。又、前玉の相互交換ですが、驚いたことに、レンズ径が異なります。流石Leitzといった感じです。従いまして、交換は不可能でした。この点もご了承お願い致します。

画像の説明 

先にフロント側から調査

画像の説明

中玉から後ろ玉にかけての汚れによる曇りです

画像の説明

前玉に付着したカビ

画像の説明

もう一つのLeitz

画像の説明

2本のLeitzの前玉の入れ替えは可能か?検査します

画像の説明 

次はリヤ側です

画像の説明

群レンズになっています。このユニットはばらせませんこの群レンズ内側の汚れは除去不可能です。ご了承ください。

画像の説明

絞り羽根です。撮影がぼけました。スイマセン。

画像の説明

この群レンズ内側にアクセスできればレンズ全体の光学的なクリアー度はもっとUPできたと感じます。残念ですがこれ以上の処置は難しいです。

画像の説明

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional