レンズの修理専門です!貴方の大切なカメラレンズの事なら、レンズの修理・メンテナンス・お手入れ方法等どんな事でもお気軽にお問合せ下さい! 日本レンズ協会 光学研究所 <CLH>

山口様

山口様

Tokinaレンズ×3本お預かりしております

画像の説明

Tokina AT-X PRO 20mmー35mm F2.8

NO 6001508

付属品:リヤキャップ フロントキャップ

課題:カビの除去

結果:後ろ玉群レンズ裏側に付着していた菌糸状カビが特に酷かったです。ご安心下さい。除去できています。前玉群レンズ内側の点カビ・菌糸状カビもかなりの量でしたが、除去完了です。中玉のレンズ表面一部が特殊コーテイングされていてその表面に付着している埃(粘着性あり)・菌糸状カビ・点カビが除去不可能です。ご了承下さい。また、別の中玉の表面の菌糸状カビと点カビが腐食カビとなっていて、除去後の腐食カビ痕が残ります。この点もご了承お願い致します。レンズ全体としての光学的なクリアー度はかなり復元できたと感じます。距離リング・絞り羽機構等問題ありません。非常に状態が良いレンズです。大切にご使用・保管お願い致します。
画像の説明 

一番の課題の後ろ玉ユニットから調査

DSC_0001[1]

Tokina AT-X PRO 28mmー70mm F2.8

NO 5609604

付属品:リヤキャップ フロントキャップ

課題:カビの除去

結果:前玉・中玉・後ろ玉すべてのレンズ表面に付着していた埃・カビ・曇り除去致しました。特にほとんどすべてのガラス玉に付着していた菌糸状カビが除去できたのが一番の成果でした。レンズ全体としての光学的なクリアー度はかなり復元しました。ご安心下さい。中玉の一部点カビが腐食カビで、除去後の腐食カビ痕が点々の様にレンズ表面に残ります。この点ご了承下さい。絞り羽機構は問題ありませんが、距離リングに関連するヘリコイド部分螺旋状溝に汚れが付着している様子で、トルクに若干ですが斑があります。特に【35】の位置から【28】のダイヤルへ中玉可動ユニットが鏡胴内部で登る際に引っ掛かりを感じます。操作に大きな支障はないと判断しましたので、今回はこの部分の処置は施していません。専門的になりますが、一部イモねじが欠損していたり、やや鏡胴全体のがたつき(遊び)が気になりますが、今まで以上に取扱いには留意して頂きますようお願い致します。
画像の説明

リヤ側から調査します

DSC_0001[1]

フロント側です

DSC_0002[1]

Tokina AT-X PRO 80mmー200mm F2.8

NO 5704557

付属品:リヤキャップ フロントキャップ

課題:カビの除去

結果:でき得る範囲でのメンテナンスは施しました。当協会もすべてのメーカーの全機種を熟知している訳ではありませんが、該当レンズと同機種を過去にも数件扱った事はあるのですが、距離リングダイヤルの指示に従って前玉群レンズユニットが、ヘリコイドの溝に沿って上下に可動する構造になっているのですが、こちらでの検査段階では、距離リングダイヤルの指示と前玉群レンズユニットの動きがリンクしていない様に見受けられます。間違っていたら申し訳けありません。この様な状況ですので、このレンズの構造に沿って順番にレンズを外していくことができません。ご了承下さい。鏡胴内のほぼすべてのレンズ表面に特に菌糸状カビが相当数付着していますが、今回は極一部の除去のみの処置とさせて頂きます。
画像の説明

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional