レンズの修理専門です!貴方の大切なカメラレンズの事なら、レンズの修理・メンテナンス・お手入れ方法等どんな事でもお気軽にお問合せ下さい! 日本レンズ協会 光学研究所 <CLH>

布施様

布施様

布施様

Canon 35mm F2.8 L39マウント NO32421

付属品:フロントキャップ リヤキャップ

課題: 中球の一部(端のほう)にうす曇

結果:カビ・汚れ・くもり全て除去しクリアーなレンズになりました。ただ、レンズ表面に小さな無数の傷があります。ご了承下さい。

画像の説明

順を追って分解します

画像の説明

中玉(群レンズ)確かに点カビ多数あります

画像の説明

後ろ玉内側 雲状カビです。レンズ表面に小さな傷多数あり

画像の説明

くもりの原因はこの中玉です。絞り羽根動作問題ありません。

画像の説明

フィルターは指紋、汚れ多数。今後のご使用時はご自身でフイルターはお手入れして下さい。お願い致します。

前玉表面にも無数の小さなキズがあります。

画像の説明

TEST試写用・SONY NEX装着

DSC_0053[1]

TEST試写

画像の説明

Kowa 110mm F5.6 NO441202

付属品:フロントキャップ リヤキャップ

課題:埃の混入

結果:中玉に雲状カビありました。埃は除去しましたが、全体的にキズが目立ちます。

画像の説明

普通、前・後ろの表面の傷はある程度理解できるのですが、何故中玉、前・後ろの内側にキズが付くのか疑問です?

画像の説明

問題の中玉

画像の説明

Kowa 55mm F3.5 NO1464444

付属品:フロントキャップ リヤキャップ

課題:カビの除去

結果:全てのカビの除去完了。但し、後ろ玉の内一枚のレンズがガラス玉そのものの劣化の為、やや白く曇っています。ご了承下さい。

画像の説明

前玉から順番に外して行きます。中核となる中玉随分立派です。このレンズに異常はありませんでした。前玉は傷はありますがクリアーです。

画像の説明

中玉は群レンズになっています。

画像の説明

今度はマウント側から外していきます。

画像の説明

このガラス玉が劣化しています。カビとか埃の問題ではなくガラス玉自体の劣化の為白く曇っています。ご了承下さい。

画像の説明

雲状カビが大量に発生しているのは、絞り羽根奥の中玉です

画像の説明

絞りを絞ったところ

画像の説明

ご安心下さい。カビは綺麗に除去できました

ご返信は下記フォームからも可能です。ご利用下さい。

布施様以外の方のご質問等の投函をして頂いても構いません。

[check]お名前はニックネームでも結構です!

[check] 御投函内容には必ずコメントにてお答えさせて頂きます!

投函手順
1、認証コード(数字4桁)を打ち込む
2、お名前を書き込む
3、議題を記入する
4、投函内容を記入する
5、記事の投函をクリックする

認証コード(7783


Kowa 55mm F3.5  と 110mm F5.6

  • 投稿者:布施 (2013-08-19 (月) 23:23:23)

早々に手がけていただき、ありがとうございます。以下、確認をさせて下さい。
1.Kowa 55mm F3.5:後ろ玉の内一枚のレンズがガラス玉そのものの劣化の為、やや白く曇っているようですが、撮影に悪影響が出る可能性は高いでしょうか? 
2.Kowa 110mm F5.6 :問題の中玉の雲状カビは、キズは別として、除去できたという理解でよろしいでしょうか?

コメント

  • 1.撮影に悪影響が出る可能性は高いでしょうか? A)白く曇っている箇所がガラス玉全体ではなく、外周の一部分なので、影響は少ないか若しくは殆どないと推測致します。 -- Clean Lens house KENです 2013-08-20 (火) 04:44:26
  • 2.Kowa 110mm F5.6 :問題の中玉の雲状カビは、キズは別として、除去できたという理解でよろしいでしょうか?A)今回お預かりしましたレンズ全般にキズが多いのですが、傷の除去は当方では不可能です。カビに関しましては除去致しました。又、再発生防止処理も施しましたので、僭越ではございますが今後のご使用及び保管に際しまして今まで以上の配慮をお願い致します。 -- Clean Lens house KENです 2013-08-20 (火) 04:48:33
  • こんなに早く対応していただけるとは思っておりませんでした。ありがとうございます。保管など、今後は注意いたします。 -- 布施 2013-08-20 (火) 23:56:51
  • 先ほど、お電話で問い合わせ致しました草野です。 -- 草野 2013-12-18 (水) 18:52:57

認証コード(3818)

こちらからお問い合わせください

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional