レンズの修理専門です!貴方の大切なカメラレンズの事なら、レンズの修理・メンテナンス・お手入れ方法等どんな事でもお気軽にお問合せ下さい! 日本レンズ協会 光学研究所 <CLH>

松島様

松島様

Olympus レンズ×7本お預かりしております

DSC_0001[1]

Olympus Zuiko 200mm F4

NO 182371

付属品:リヤキャップ フロントキャップ

課題:クリーニング

結果:全てのレンズの表面に付着していたカビ・埃・曇り除去致しました。光学的なクリアー度はかなり復元したと感じます。前玉裏側の表面に付着していた点カビ・雲状カビが腐食カビの為、除去後の腐食カビ痕がレンズ表面に若干残ります。検査用光源で検査すると目視できます。この点ご了承ください。絞りリング・距離リングユニット動作・トルクともに良好です。今後も大事に御所有下さい。
DSC_0003[1]

この立派な前玉裏側に除去後の腐食カビ痕が若干残ります

DSC_0011[1]

Olympus E Zuiko 135mm F3.5

NO 162482

付属品:リヤキャップ フロントキャップ レンズフイルター

課題:クリーニング

結果:全てのレンズの表面に付着していたカビ・埃・曇り除去致しました。光学的なクリアー度は200mm同様、かなり復元したと感じます。前玉裏側の表面と中玉の一部に付着していた点カビが腐食カビの為、除去後の腐食カビ痕がレンズ表面に若干残ります。検査用光源で検査すると目視できます。この点ご了承ください。距離リングユニット動作・トルクともに良好です。絞り羽調整ダイヤルユニット内部のベアリングが【22】~【3.5】まで移動するのですが、それを受ける溝がやや摩耗しています。まだまだ基準値内ですが、それが原因でやや遊び【がたつき】が感じられます。部品交換が必要なので今回は処置しておりません。その他とても状態が良いレンズです。今後も大事に御所有下さい。
DSC_0004[1]

Vivitar 55mm F2.8

No 28703348

付属品:リヤキャップ フロントキャップ レンズフイルター

課題:クリーニング

結果:全てのレンズの表面に付着していたカビ・埃・曇り除去致しました。光学的なクリアー度は200mm・135mm同様、かなり復元したと感じます。中玉の一部に付着していた点カビが腐食カビの為、除去後の腐食カビ痕がレンズ表面に若干残ります。検査用光源で検査すると目視できます。この点ご了承ください。距離リングユニット動作・トルクですが、ヘリコイドグリスやや落ち気味です。基準値内ですので今回は処置していませんが、途中気持ち引っかかる感触がします。絞り羽調整ダイヤルユニット良好です。その他とても状態が良いレンズです。
DSC_0005[1]

Olympus G Zuiko 35mm F2.8

NO 246952

付属品:リヤキャップ フロントキャップ

課題:クリーニング

結果:全てのレンズに付着していたカビ・埃除去しました。特に後ろ玉群レンズ内側に付着していた白濁がこのレンズのクリアー度を邪魔していました。ご安心ください。除去できています。ただ、中玉の一枚の表面に線状の傷があります。レンズ全体が綺麗になった分この傷がチョット目立ちます。ご了承ください。絞り羽・距離リング動作・トルクともに良好です。
DSC_0006[1]

後ろ玉群レンズユニット

DSC_0012[1]

Olympus Zuiko 50mm F1.4

NO 852695

付属品:リヤキャップ フロントキャップ レンズフイルター

課題:クリーニング

結果:明るくて非常に良いレンズなのですが、この機種独特の特徴で前玉群レンズユニット(最小単位ですのでこれ以上分解メンテできません)内側に目視すると白い点々状の無数の付着物が除去できません。点カビの一種なのですが、非常に残念です。当協会の経験値として、同じ種類の個体が100あったとすると約半数がこういった症状になっています。この点のみご了承ください。また、中玉の内一番リヤ側のレンズ表面に点状の傷があります。
DSC_0007[2]

Olympus Zuiko 28mm F2.8

NO 378705

リヤキャップ フロントキャップ レンズフイルター

課題:クリーニング

結果:非常にクリアーなレンズに復元しました。絞り羽機構・距離リングトルクともに順調です。レンズフイルター外周の一部に菌糸状カビが腐食カビとして残っています。かびそのものではないのですが除去できません。ある意味交換の時期かもしれません。そのご判断は松島様に委ねます。宜しくお願い致します。
DSC_0008[1]

Olympus Zuiko 50mm F3.5

NO 255195

付属品:リヤキャップ フロントキャップ レンズフイルター

課題:クリーニング

結果:中玉の内2枚のレンズ表面に付着している無数の点カビが殆ど腐食カビに成長していました。除去はできたのですが、この部分だけを見ると除去後の腐食カビ痕が量が数が多いので、あまりパッとしません。レンズ全体としての光学的なクリアー度は復元したのですが、今更しょうがないのですが、もう少し打つ手が早ければと悔やまれます。鏡胴外観・絞り羽機構・距離リングともに良好なので非常に残念です。ご了承下さい。
DSC_0009[1]

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional