レンズの修理専門です!貴方の大切なカメラレンズの事なら、レンズの修理・メンテナンス・お手入れ方法等どんな事でもお気軽にお問合せ下さい! 日本レンズ協会 光学研究所 <CLH>

藤岡様

藤岡様

Tokina AT-X SD AF300mm F2.8

NO 4800611

付属品:リヤキャップ フロントキャップ

課題:カビの除去

結果:すべてのレンズ表面に付着していましたカビの除去は終了しました。前・中・後ろとすべてのガラス玉に色々な種類のカビが付着していました。特に中玉群レンズ×3ユニットに付着していた菌糸状カビが中でも最もひどかったのが現状です。着手前の予測よりはカビの根が浅く、除去後の腐食カビ痕がそんなには多くなかった点が救われました。中玉表面の菌糸状カビと、前玉群レンズ表面の点カビ・菌糸状カビ・一部雲状カビの除去後の腐食カビ痕が目視できますが、この点ご了承下さい。処置前の状態と比べますと、光学的なクリアー度は格段に復元したと感じます。本来の目的のシャッタースピードに良い影響が出る事を期待します。絞り羽根本体及び関連ユニット問題ありません。距離リングダイヤルと実際のピントがお電話でお話したようにややずれているのが気になりますが、この調整はしておりませんのでご了承お願い致します。スポーツシーンの狙った瞬間がうまく撮れるといいですね。撮影に関しまして、今後もご指導お願い致します。
DSC_0010[1]
レンズの枚数が非常に多いので、全てはUPできませんが前玉群レンズです
DSC_0001[2]
これが中玉群レンズ×3ユニット
DSC_0009[1]
一番腐食カビ痕跡がひどかった中玉群レンズです
DSC_0007[1]
撮影が下手でスイマセン。カビの付着一例です
DSC_0003[1]
同様に付着例です
DSC_0008[1]
ちょっとわかり難いですが、腐食カビ痕はレンズ単体だとこんな風に残ります
DSC_0004[1]
確認TEST実写①SONY NEX使用
画像の説明
実写②
画像の説明
実写③
画像の説明
実写④
画像の説明
実写⑤
画像の説明

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional