レンズの修理専門です!貴方の大切なカメラレンズの事なら、レンズの修理・メンテナンス・お手入れ方法等どんな事でもお気軽にお問合せ下さい! 日本レンズ協会 光学研究所 <CLH>

防湿庫で保管していたのに何故カビが生えたのですか?解答

合計:1276 今日:1 昨日:1
画像の説明

レンズの保管に関しましてお答え致します

レンズの保管の基本ですが・・・

※防湿庫なるものは必ずしも必須ではありません。

※当協会の研究所にも百数十本の研究用レンズが
 ありますが、すべてカビ・曇り等は付着していません。

※半月に一度はすべてのレンズを手に取っていじっています。

※そうする事で、鏡胴内に空気の流れが発生します。

※又、天気の良い日に絞りを開放にして
 自然光を入れてあげて下さい。

※未だ根の浅いカビでしたら、自然消滅する
 こともあります。

※ポイントは【放置しない事】です。
 人間と同じで、無視・放置が一番よくありません。

※当協会ではガラス玉表面のカビの除去と共に
 鏡胴内の内壁等、再発防止処置を施します。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional