H・I様

6月3日(月)作業終了いたしました

DSC_0485[1]

今回のご依頼は私にとってとても勉強になりました。ありがとうございます

どんな事でも、時には先入観を一度捨てる勇気が必要です。

まさか、前玉レンズのレンズ押さえリングが固定されている化粧リングだとは・・・想定外でした。

過去にどなたかが開けた二つの穴に完全に惑わされました。

DSC_0486[1]

無事、課題の前玉も外れました。

結局、このレンズはレンズガラス玉が1群3枚構成のレンズでした。
3枚とも綺麗に磨きあげました。
絞り羽根は洗浄しました。個人的な感触ですと、やや動きが硬いと思われますが、硬さの調整は今回はしていません。6箇月間の保証書をお付けしますので、もし気になるようでしたら、その際ご連絡下さい。
DSC_0487[1]

前玉が1群2枚構成のユニットになってます。このユニットを外すのが、今回の最大の課題でした。

前玉押さえリングに囚われている間の作業中に、そのリング表面を傷付けてしまいました。申し訳けありませんでした。
DSC_0488[1]

特別な治具を入手したおかげで、鏡胴を傷付けることもなく、無事外すことができました。

H・I様御自身でも、レンズ内部に混入した埃・ゴミでしたら拭き取る事ができると思います。今後のメンテナンスについても、もし必要でしたらご連絡下さい。
DSC_0489[1]

現在、渡米中との事。帰国の日時を考えてレンズ送付させて頂きます。

今後も、レンズに関してお役に立てれるように精進していきますので、ご指導宜しくお願い致します。

H・I様、ご返信はメールアドレス若しくは、下記フォームからも可能でございます。

お名前(漢字でフルネームでお願いします)*
メールアドレス(正確にお願いします)*
ご返信内容等*

修理中のお客様専用ページに戻る

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM