K・A様

DSC_0453[1]

5月26日(日)レンズ届きました。ご安心ください。お時間も余裕を持った設定のご配慮感謝致します。

確かに前・後ろ・絞り羽根前後レンズにカビが見受けられます。ご使用予定には間に合うように分解清掃致します。

カビは、レンズ本体から除去しただけですと、時間の経過と共に再発生する可能性があります。鏡胴内部各部品・内壁の吹上、防カビ処置も併せて施す予定です。作業の進行状況毎に段階を追ってこの専用ページにてご報告致します。

完全分解写真です

DSC_0455[1]
鏡胴も二つに分かれます。ズームの部分と本体です。ズーム内に固定されているユニットの群レンズが一式残っていますが、その部分は取り外しできません。それ以外は写真の通リです。

後ろ玉から絞り羽根近くの群レンズ(二枚一構成)のカビが相当に広範囲です。

DSC_0456[1]
この群レンズも完全に固定されているのですが、カビの発生箇所がその内側ではなかったため、何とか除去できました。

同じ群レンズを逆方向から見た写真です。

DSC_0457[1]
ここまで後ろ玉よりのレンズにカビが生えていると、もしかしたら撮影に影響があったと思われます。

前玉方向のレンズ写真です

DSC_0458[1]
点カビが繁殖していました。

別のレンズです

DSC_0459[1]
同じような状態でした。

そして、3枚目のレンズ

DSC_0460[1]
菌糸状カビが見えます。

絞り羽根は動きスムースです。問題ありませんが洗浄しておきました。

DSC_0462[1]
鏡胴内部・内壁及びその他パーツも吹上完了です。ご安心ください

カビ再発防止のため、下記の点ご留意ください。

・カメラ本体に装着しなくても結構ですから、週に一度位は手にとって、レンズを動かしてレンズ内に空気の流れを作ってください。
・晴れた日に開放F値に絞り羽根を開けて、レンズ内に太陽光を入れてあげて下さい。

5月30日(木)クロネコさんにお願いして、レンズ発送致します。

到着しましたら、動作・光学系等ご確認後一報頂けると幸いです。宜しくお願い致します。

作業報告書及び保証書もレンズと一緒に同封してあります。どこかに保管しておいて下さい。この度はありがとうございました。

K・A様、ご返信はメールアドレス若しくは、下記フォームからも可能でございます。

お名前(漢字でフルネームでお願いします)*
メールアドレス(正確にお願いします)*
ご返信内容等*

修理中のお客様専用ページに戻る

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM