レンズの修理専門です!貴方の大切なカメラレンズの事なら、レンズの修理・メンテナンス・お手入れ方法等どんな事でもお気軽にお問合せ下さい! 日本レンズ協会 光学研究所 <CLH>

Minolta W.Rokkor-QE 35mm F4

Minolta W.Rokkor-QE 35mm F4

35mm F4

NO 1105677

付属品:前後キャップ

課題:ヘリコイド固着・清掃

結果:まず、ヘリコイドの固着ですが、ピントリング調整機構・絞り羽ユニット共に、金属部の相当な錆が進行しています。勿論、この錆の除去は可能ですが錆の除去=関連部品を削るという関連になり、特にピントリング調整機構の螺旋状部に更なるがたつきが発生してしまいます。絞り羽ユニットは錆を除去しクリーニング施しましたが、ピント調整螺旋状部はこの処置はできません。更にトルクが重くなってしまいます。クリーニング・再グリスUP処置にて対応しましたが、処置の前後に於いて大きなトルク感の変化はあまり感じられません。ご了承下さい。光学的な課題は解決しました。すべてのレンズ表面に付着していた埃・カビ除去しました。レンズ全体としてのクリアー度は復元しています。只、付着していた点カビの一部が腐食カビで、除去後の腐食カビ痕跡が、専用の光源で検査すると随所に見られます。この点もご了承下さい。

順番に検査

検査

螺旋状部洗浄・再グリスUP

ヘリコイド

埃とカビ①

カビ

埃とカビ②

点カビ

絞り羽ユニットBOXの部品の錆

錆

画像の説明

コメント

  • 良いレンズですね・・

    ミラーレスにはこのレンズはいいですね----------------


  • 日本レンズ協会

    少しずつ昔の良きレンズの
    楽しみ方が増えている様です。

    保管等に気を付けて
    いつまでも大切に使って欲しいです。



認証コード1209

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional