吉野様

Tokina AT-X 28mm-70mm F2.8

NO 5602530

付属品:レンズフイルター リヤキャップ フロントキャップ 専用ケース 元箱

課題:カビの除去

結果:全てのカビの除去完了です。前玉群レンズ内側・中玉に点カビが付着していました。幾つかの点カビがやや腐食カビっぽく生えていて、除去後の腐食カビ痕が残ります。レンズを覗くと極々小さいものの、埃の様な粒に映ります。御了承ください。後ろ玉群レンズ内側と絞り羽根手前中玉レンズはわずかですが菌糸状カビと点カビが付着していました。除去できています。このカビも一部ですがガラス玉の外周に除去後の痕跡が残ります。この点も御了承ください。
画像の説明
フロント側から順番に前玉〜絞り羽根まで外します
画像の説明
絞り羽根手前のガラス玉の点カビを除去します。
画像の説明
次はリヤ側です。この様な3枚1群構成になっています。
画像の説明
縦方向から見たところ。わずかですが、菌糸状カビと点カビを除去します。
画像の説明
確認TEST用・SONY NEX装着
DSC_0029[1]
実写①
画像の説明
実写②
画像の説明
実写③
画像の説明

Tokina AT-X 100mm-300mm F4

NO 5101469

付属品:レンズフイルター リヤキャップ フロントキャップ 専用ケース 元箱

課題:カビの除去

結果:全てのガラス玉表面に付着していたカビは除去致しました。前玉から覗いて白く曇っている様に見えた主な原因は中玉群レンズの内の1枚でした。他のガラス玉に付着していたその他のカビも全て除去しております。28mm-70mm同様ほんの少しですが、一部腐食カビとなっていて除去後の腐食カビ痕が残ります。小さい埃の様に見えるかもしれません。
この点、御了承ください。レンズ全体としての光学的なクリアー度はかなり復元できたと思います。
画像の説明
レンズを全て外していきます
画像の説明
特にカビの付着が激しかったのがこの中玉群レンズの内の1枚でした。他のガラス玉表面にも少しずつですが、点カビ・雲状カビが付着していました。全て除去でいていますのでご安心ください。一部腐食痕が残ってますがカビそのものではなく、ガラス玉表面の極々小さな凹凸ですので、撮影には影響はないと推測致します。この点御了承ください。
画像の説明
確認TEST用・SONY NEX装着
DSC_0030[1]
実写①
画像の説明
実写②
画像の説明
実写③
画像の説明
実写④
画像の説明
2014年1月7日実写①
画像の説明
実写②
画像の説明
実写③
画像の説明
実写④
画像の説明
実写⑤
画像の説明
実写⑥
画像の説明
実写⑦
画像の説明

吉野 様、ご返信はメールアドレス若しくは、下記フォームからも可能でございます。

お名前(漢字でフルネームでお願いします)*
メールアドレス(正確にお願いします)*
ご返信内容等*

お客様専用ページ秋・冬編2に戻る

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM