宮武様

Minolta Chiyoko super rokkor 45mm F2.8 (L39 梅鉢)

NO 1418123

付属品:エンドキャップ ミノルタレンズキャップ

課題:埃・レンズ周辺の白い曇の除去

結果:カビ・埃・曇の原因は除去致しました。中玉群レンズ表面が一番付着が量的には多かったです。前玉群レンズ・中玉群レンズ共に単体ではクリアー度は復元できていますが、組み立て直した後のレンズ全体としての透明度を光学系の専門光源で測定してみますと、完全ではありません。各レンズ表面に点カビと雲状カビが腐食カビとなりその除去後の腐食痕跡が点状及び雲状に残ってしまいます。この点、御了承下さい。また、前・後ろ玉表面に幾つかキズがあります。絞り羽根・ピントリング・ヘリコイドのトルク、動きは正常です。
画像の説明
フロント側から外していきます
画像の説明
絞り羽根向こう側・後ろ玉がやや白く曇っているのが解ります
画像の説明
前玉群レンズは薄らと雲状カビが付着しています
画像の説明
マウント側です
画像の説明
中玉群レンズ曇が付着している様です
画像の説明
点カビも見受けられます
画像の説明
中玉群レンズを真横から見たところです
画像の説明
2枚1群構造になっています
画像の説明
原因は点カビと雲状カビでした
画像の説明
カビそのものの除去は致しましたが、このカビが根が深く2種類共に腐食カビとなっています。除去後の痕跡(腐食カビ痕)が残ります。この点は御了承下さい。
画像の説明
確認TEST用・SONY NEX装着
DSC_0019[1]
実写①
画像の説明
実写②
画像の説明
実写③
画像の説明

Leica Summaron 3.5mm F3.5

NO 706656

付属品:ライカレンズキャップ エンドキャップ

課題:埃・曇の除去

結果:レンズ押さえ化粧リングが固着の為外れません。経年しているレンズでは時としてこういう状況があります。従いまして何一つ調査もメンテナンスも施すことが不可能です。申し訳ありませんが、御了承お願い致します。
画像の説明

宮武 様、ご返信はメールアドレス若しくは、下記フォームからも可能でございます。

お名前(漢字でフルネームでお願いします)*
メールアドレス(正確にお願いします)*
ご返信内容等*

お客様専用ページ秋・冬編2に戻る

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM