村田様

Carl Zeiss Sonnar 100mm F3.5 

NO 6639290

付属品:ソフトケース リヤキャップ フロントキャップ

課題:埃・曇・カビの除去

結果:殆ど全てのレンズ表面に複数の種類のカビが付着していました。水分が原因の曇はありませんでした。全ての付着物は完全に除去できました。ご安心ください。只、若干ですがレンズ表面にキズが見受けられます。絞りバネの動きクリーニングして滑らかにしました。距離リングのヘリコイドトルクは丁度いいので調整していません。現状がBESTと思われます。光学的にクリアーさは殆ど完璧に近い状態です。
画像の説明
フロント側から絞り羽根までのガラス玉・化粧リングを外していきます
画像の説明
絞り羽根向こう側 中玉〜後ろ玉にかけて白く曇っているのが見えます
画像の説明
中玉郡レンズのカビです
画像の説明
次はリヤ側から調査です
画像の説明
後ろ玉郡レンズを順番に外していきます
画像の説明
この様に3枚1群構成のユニットになっています
画像の説明
雲状カビ・菌糸状カビの付着が一番激しかったガラス玉です
画像の説明
確認TEST用・SONY NEX装着
DSC_0025[1]
実写①
画像の説明
実写②
画像の説明
実写③
画像の説明
実写④
画像の説明

Carl Zeiss Tessar 45mm F2.8

NO 6737229

付属品:ソフトケース リヤキャップ マウントキャップ

課題:埃・曇・カビの除去

結果:こちらのレンズも全てのガラス玉表面にカビが付着していました。調査前の状態では撮影時ピントすら合わなかったのですが、何とか実写には影響がない状態にまでは復元できました。距離リングのヘリコイドグリスが完全に落ちてしまっている状態でしたので、一番軽めのグリスをヘリコイドクリニング後塗り替えておきました。もし、もう少しトルクがある方が好みでしたら、今後ご都合のいい時に送付して下さい。別の種類のもので試してみます。後ろ玉レンズの内の1枚のガラス玉がレンズ押さえ化粧リングが完全に固着していて外れません。そのレンズの内側の表面にだけアクセス不可能でした。その面の菌糸状カビは除去できませんでした。御了承下さい。レンズ全体としての明るさはかなり良くなったと思います。絞り羽根リングがガチガチと乾いた様な感触ですが、スプリングホール機構がかなり摩耗していて、完全に修復するのは困難です。部品があればいいのですが、この年代の同じパーツはありませんので、今回は清掃のみの処置をしております。この点も御了承下さい。尚、Canon EOS EF 装着用のマウントアダプターは取り寄せますので、もう少しお待ち下さい。入荷しましたら今回のレンズ×2本と一緒に送付致します。    
画像の説明
前玉・中玉を外して調査します
画像の説明
その奥の中玉に雲状カビが付着しているのが見えます
画像の説明
外してクリーニング後磨き上げます
画像の説明
菌糸状カビが腐食カビの為、除去後腐食痕跡が残ります。御了承ください
画像の説明
確認TEST用・SONY NEX装着
DSC_0026[1]
実写①
画像の説明
実写②
画像の説明
実写③
画像の説明
実写④
画像の説明

マウントアダプター

今回は最もシンプルなアダプターを選びました。
画像の説明

レンズに装着したところ

画像の説明

注意点

馴染むまでこのストッパーが扱いにくいかもしれません。御了承下さい。
画像の説明

村田 様、ご返信はメールアドレス若しくは、下記フォームからも可能でございます。

お名前(漢字でフルネームでお願いします)*
メールアドレス(正確にお願いします)*
ご返信内容等*

お客様専用ページ秋・冬編2に戻る

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM