レンズの修理専門です!貴方の大切なカメラレンズの事なら、レンズの修理・メンテナンス・お手入れ方法等どんな事でもお気軽にお問合せ下さい! 日本レンズ協会 光学研究所 <CLH>

Nikon Nikkor 300mm F4.5

Nikon Nikkor 300mm F4.5

画像の説明

NO 489020

付属品:レンズフイルター 前後キャップ

課題:カビ取り及び所有者様が分解した品物の復元

結果:ご自身にて分解なさったリヤ側カメラ本体との接点部分修復しました。部品の欠損はありませんでした。只、分解・組み立ての試行錯誤の工程にて、絞り羽根ユニットBOXにその指示を伝える部品が微妙に歪んでいました。出来うる修復処置は施しましたが、絞り羽根調整ダイヤル~絞り羽根本体に伝わる一連の動作にやや斑を感じます。ですが、これが限界です。リヤ側マウント部の木ネジを安易に外してしまう方が毎月いらっしゃいます。絞り羽根機構に直接関連しているパーツが組み込まれていますので、今後はご注意下さい。F2(前玉から数えて2番目のシングルレンズ)表面に無数の傷があります。お心当たりはございますか?F3(前玉から数えて3番目のシングルレンズ)はコーテイング加工されていて、その表面のカビと埃は除去できません。後ろ玉群レンズ内のレンズ表面に除去後の腐食カビ痕が無数に残ります。ご了承下さい。前玉群レンズユニットとレンズ鏡胴本体の結合螺旋状部異常です。完全に固着してしまっています。今後、再度ご自身にてTRYする際はこちらにご一報下さい。留意点をお伝えしますので・・・。こちらで出来うる処置は全て施しました。処置のスタートがご自身での未処理分解から始まっていますので、一応保証書は発行致しますが、光軸等光学的な数値は保証できませんので、この点もご了承お願い致します。

リヤ側の復元

リヤ組立

カビと埃①

点カビ・埃

カビと埃②

埃・カビ

コーテイング

前玉

画像の説明

コメント


認証コード8919

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional