レンズの修理専門です!貴方の大切なカメラレンズの事なら、レンズの修理・メンテナンス・お手入れ方法等どんな事でもお気軽にお問合せ下さい! 日本レンズ協会 光学研究所 <CLH>

Leitz Summaron 35mm F2.8

Leitz Summaron 35mm F2.8

画像の説明

NO 2218648

付属品:フロントキャップ

課題:どこにもピントの合ってない、全体的に少しモヤのかかったようなボヤけた写真した撮れません

結果:鏡胴内部に組み込まれているすべてのガラス球取り外し、付着物の除去と再組立処置施しました。2か所のレンズが正規の位置に嵌っておらず、その内の一枚は裏表反対に組み込まれていました。どなたがこの様な中途半端な分解をなさったのかは不明ですが、構造等詳しくない方の処置が原因と推測致します。レンズに付着していたのは主に無数の点カビと埃でした。レンズ全体の光学的なクリアー度はかなり復元しています。念の為にこちらで所有のNEXの装着して実写しましたが、あくまでもアダプターを介しての検査撮影ですので、フォーカス等の復元精度は保障できません。いずれも、解放【2.8】~【5.6】の間で実写してみました。過去にどなたかがいじった形跡のある個体に関しましては、やはり復元状態のそのすべてを保証できませんので、この点ご了承お願い致します。点カビ除去後の腐食カビ痕が少し残ります。又、レンズがクリアーになった分、前後玉表面の傷が目立ちます。絞り羽ユニット及び外観状態の良いレンズです。今後の保管等、今まで同様十分ご留意下さい。

無数の点カビ

無数の点カビ

カビと埃

カビと埃

解放時

解放時

絞り時

絞り時

NEXに装着し実写検査

画像の説明

実写①

実写1

実写②

実写2

実写③

実写3

実写④

実写4

実写⑤

実写5

実写⑥

実写6

実写⑦

実写7

画像の説明

コメント


認証コード5082

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional